富山県出身の創立者青柳政二が戦後、大阪で小さな魚屋を営んだことに太政は始まります。当時、ふぐはまだ一般に知られた食材ではなく、またそれを提供する料理屋も少ない時代でした。そこで青柳はふぐに自分の人生を懸け、寝食を忘れて努力し、仕入れから調理法、そして鍋料理に合う「ちり酢」を作りました。

 以来、ふぐ料理といえば「太政」と親しまれて60余年、「年中美味しいふぐ料理を皆様に食べて頂きたい」という創立者の思いを守りながら、これからも皆様にご満足頂けるよう従業員一同努力して参りたいと存じます。